2007年07月21日

編入 予備校


大学受験のための予備校は、大手予備校から個人指導塾まで、非常に多くあります。


 有名どころでは、代々木ゼミナール、河合塾、駿台予備校、早稲田塾、東進ハイスクール、四谷学院……等々といったところでしょう。


 これらの中から、自分に合った予備校をどのようにして選んだら良いのでしょうか?


 ――そこで話題になったのが、2006年に発行された『ダカーポ』の増刊号『現役合格のための大学受験予備校の選び方』の「予備校ランキング」なる記事です。


 大学受験の大手予備校が、環境・メンテナンス、新時代入試対応力、進路指導、顧客への対応、将来性等々の全10項目においてランキングされており、総合順位がつけられているのです。


 「予備校ランキング」の総合ランキングで堂々第1位に輝いたのは「早稲田塾」。全10項目中7項目でトップを独占し、総合第1位とのこと。


 しかし――!


 その後、2ちゃんねるで、「ダ・カーポのランキング記事は、早稲田塾がお金を積んで書かせた」といううわさが広まりました。


 ダ・カーポの記事の真偽のほどは定かではありませんが、結局、予備校というのは、大手には大手の良さ、個人指導塾には個人指導塾の良さがあります。特長も一長一短です。


 大学の偏差値ランキングなら、ある程度客観的な数値も出るでしょう。しかし、予備校のランキングというのは、本来は存在しようのないものなのではないでしょうか?


 大学受験のための予備校は、ランキングなどに惑わされずに、自分の目的・適性に合ったところを選びたいものです。それが、あなたにとっての、「ベストな予備校」なわけですから――。



後悔!!安易な気持ちでFランク大へ。これからどうすれば‥
後悔!!安易な気持ちでFランク大へ。これからどうすれば‥読んでいて気を悪くされたらすみません。長くなりますが、本心で書きます。将来について悩んでいます。どなたか助言をお願いします。私は国士舘大学二部の大学生です。もうこの時点で偏見があると思います。それはわかります。私はもともと地元の有名進学高校の出身で、地元では名前を出すだけでちやほやされていました。しかし、家庭の問題で精神的にやられてしまい、勉強にも遊びにも身に入らず結局三年間、理系の一番いいクラスにいましたが、センター試験すらも受けませんでした。学校は面倒な生徒だからか、一応卒業はさせてもらえました。そして一年後、最後の学生時代は遊ぼう、私を金づると呼ぶ親に復讐しようと、名前を書けば受かるような大学に入りました。親元を離れることができたおかげで精神的に楽になり、今は前向きに生きたいと考えるまでになりました。(メンヘラではないです。)しかし、今いる国士舘大学は世間の風当たりは悪いし、何かしようと思っても、誰もリーダーシップを取れない感じです。Fランク校生徒は遊んでいるイメージがありますが、彼らの遊びは、集まってゲームするかふらふらパチンコに行ったりする、いわゆる時間つぶしです。偏差値で差別する気ははじめは無かったのですが、ある程度、仕事ができるかどうかを偏差値で差別するのはアリだと確信できる場所です。(私の学部だけかもしれませんが)ここで人脈を作っても、集中力のない人間だらけで将来の糧になるか不安です。(もちろん少ないですがちゃんとした人間もいます。性格がまじめであるというだけな感じですが‥)授業はもちろん、自分で参考書を読んだほうがびっくりするほど早いです。正直、時間が無駄だと感じてしまいます。だからといって中退したらさらに風当たりは悪くなる‥。それ以前に国士舘と口に出しただけで馬鹿にされる‥。こんなところを出ても、資格さえ取ればある程度認めてもらえるのでしょうか?(テキスト読んだ感じ、今年ちょっとがんばって取れそうなのはAFPや行政書士‥)それとも、最後の意地でここ以上のネームバリューのある大学院を目指したほうがいいのでしょうか。さっさとあきらめて、おだやかに結婚して普通の幸せをつかんだほうがいいのでしょうか。もちろん、すべて自分の責任でここにいるのはわかっています。ちょっとのアドバイスでもいいです。他の方の意見が聞きたいです。大変助けになるのでよろしくお願いします。(続きを読む)




医学部編入の予備校
医学部編入または再受験を考えている社会人の方で、独学で学ぶのが難しい方は、苦手科目だけでも予備校に通うとよいでしょう。 編入試験対策をしてくれる予備校は、数は少ないですがあります。 この予備校は、かなり前から編入対策をしているので、 ...(続きを読む)




posted by 予備校について at 10:45 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。